2018年07月19日

人に説明する事が、理解度のセルフチェックになる

ある事柄について学習するためには、自身の理解度を測る事が極めて重要です。資格試験などは模擬試験や練習問題などが既に存在しており、それらに取り組む事で、点数により定量化できます。しかし、アメリカンフットボールのルールのような、教養のような知識で世の中にチェックリストがあまり存在しない場合、どうすれば良いのでしょうか。
<img src="http://centrelabo.com/wp-content/uploads/2017/12/f0af38ee4ce4331e47727a81b9ac3c7c-e1512959755658-273x300.jpeg" alt="" width="273" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-210" />

最も簡単ですが確実な方法は、人に説明する事です。それも、その領域の知識に明るくない人に対して説明します。教育の世界ではこのことをアウトプットと言います。もし、アウトプットして相手が納得できないような表情を浮かべたり、自分自身の話が幾度と詰まったりする場合は、その事柄についての理解が浅いと考えるべきです。アウトプットすることで自分の理解度が相手にバレてしまうということで抵抗がある方もいますが、それは次のアウトプット時に修正を加えれば良いだけであり、誤った知識をそのまま持ちつづける事に比べれば全く無意味な事です。企業教育においても、教育担当者はアウトプットの機会を設ける事が重要です。
posted by 社長 at 20:45| Comment(0) | 教育支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。